足るを知るということ

足るを知るということ

 ヨーガにも戒律があります。
2つのセクションがあり、一つは禁戒、もう一つは勧戒です。
勧戒の中に「知足」があります。仏教の八大人覚(お釈迦様の最期の教え)にもある知足ですが、足るを知るということです。

 戒律も、「私」というものをどう捉えるかで、表面的な解釈に留まるか、あるいは恐ろしくクリアに理解できるかにわかれます。

 エックハルト・トールさんは、人は、恨みがましい気持ちというのがぴったりの感情を人生の大半で経験しているものだと指摘します。さらに続けて、その状態とあまりに同一化してしまって、客観的に見られないので自分では気づかない、と。そしてこの、無自覚、無意識状態であることが問題だといいます。

 これこそ知足のカギになるところでしょう。
この無意識状態を自覚すること以外に、知足(現状を恨みがましく感じることなく、ありのままに捉える)であることはできません。

 無意識状態を自覚するためには、「私」とはいったいどういうものかを知る必要があります。
無意識状態である「私」を自覚することのできる〈私〉、という二重構造を理解することで、我慢大会で終わりがちな戒律も、おのずと実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA