KarunaYoga

about Rie


いたばし りえ
Rie Itabashi 

1976年生まれ。
武蔵野美術大学卒。
友永ヨーガ学院の指導者養成コース修了。
日本ヨーガニケタンTT修了。
杉並区の複数の会場や、クリニックのマインドフルネス講座にて、一法庵の説く「青空」を念頭においたヨーガを指導。

2012年よりサークルや公共施設のヨーガクラスで指導。

2014年より鎌倉一法庵住職 山下良道師に師事。

2016年より「青空のヨーガの会」として一法庵のヨーガを担当。主に関東を中心に、四国、福島、インドなどのリトリートでのヨーガを担当。

2020年より「カルナーヨーガ」を立ち上げ主宰。



子供の頃から内向的で、高校進学の時には、同級生たちが、何の疑いもなく決まりきった事のように受験に挑み、その先のレールに乗るべく努力する姿に疑問を感じ、その流れにどうしても乗り切れず、進学自体に疑問を感じたものです。生きづらさを感じ続けてきました。絵を描きたいという思いだけを頼りに進学した大学を出ると、心身症を患って薬が手放せない時期が数年続きました。

見かねた友人に勧められるまま、2005年頃よりヨーガを始め、さらに2009年、ヨーガインストラクターのトレーニングを開始。

格段に体調は回復していったものの、依然として解決しない心の問題があることがかえってクリアになってゆきました。ヨーガを始めた頃から、ヨーガ実践者に多く見られる、偏った過度な食事療法のための摂食障害のような時期も10年近く続き、学生の頃から好きで飲んでいたお酒も、次第に度を越して軽い依存症のような状況にも陥りました。こうありたくないと思っても、どうしてもそうあってしまう、このコントロールのきかない自分を乗り越えることの困難さに、絶望を感じ続けました。

トレーニングが終了し、ヨーガを深めてゆくにあたって、資格や技術を増やすことを主目的とする、現在の日本で主流となっているヨーガの在り方に、つまらなさ、物足りなさを感じるようになり、加えて、イライラや疎外感、常に離れない漠然とした憂鬱なトーンなどという心が問題なのだということがクリアになったことで、ヨーガでは心の問題は解決がつかないのでは、という疑念も重なってゆきました。
その頃、たまたま一法庵の存在を知り、ここに全て答えがあるのではと直観し、翌月には接心に参加。直観にたがわず、一法庵には、この思い通りにならない自分を超える、「本来の自己」をじかに経験するための学びと具体的なメソッドがありました。

現在は、ヨーガと瞑想によって、一法庵の教える「本来の自己」を自覚することであらゆる生きづらさを乗り越えてゆくことを目標に活動しています。


仏教の基本的な教えに「四聖諦」という四つの真理があります。

その四つとは、苦諦(くたい)・集諦(じったい)・滅諦(めったい)・道諦(どうたい)。

この一番目の苦諦、「この世の一切は苦である(一切苦厄)」という真理を、お釈迦様は最初の説法で説きました。そして、仏教とは「苦しみの終わり」を説いたものです。
では、その私たちを苦しめるものとは何かを、そして、苦しみから解放される具体的な方法を学び、実践します。